家庭内LANの為のESXi導入から、仮想マシン構築用ISO導入まで

OS(オペレーティングシステム)
なんで4GB以上はアップロードできないんですかね・・・
ESXiの導入までは終わりました。

ESXiの導入が終わった所で、管理用PC(といっても、普通はメインマシンだと思いますが)

管理用PCから、VMwareESXiの画面に入りましょう。

今はバージョン4とか5とかと違って、WEBから入るのが普通になってきていますね。

昔に導入を試みた時は、「C# vsphere client」をインストールしてからの接続だったと思いますが、便利になった?ものですね。

自分としては、どっちでもいいかなとは思います。不具合さえなければ。
不具合でるとパッチあてたり調査したりで、面倒だなぁとなっちゃうので。

WEBブラウザでの接続

待望の仮想マシン構築には、取り敢えずISOをVMwareESXiに導入してあげないといけないので、接続します。

取り敢えずこれで、VMwareESXiに接続する画面を表示させることができました。
ユーザー名とパスワードは導入で決めたユーザー名とパスワードを入力します。

これで待望の管理画面とご対面です。

この画面まできたら、60日間の評価版ですと表示されますので、60日間評価版を堪能するのもよし、
そのままライセンス入力して、無償版として使うもよしでしょう。

自分はライセンス入力して無償版としてしようしましたが。
やり方は、左ペインにある【管理】を選択し、右ペインのライセンスを選択します。すると下記画面が表示されますので、【ライセンスの割り当て】で、ライセンスを入力します。

上記のようにライセンスキーは割り当てられましたと出ますので、これで無償版として使用できるようになりました。

それでは、仮想マシン作成のために、ダウンロードしてきたISOをVMwareESXiにアップロードしましょう。

ここで衝撃の事実が判明するのですが、なんとIE11はアップロードの容量が4GBまでという・・・

オイオイってなりました・・・

IE11の仕様で4GBまでしかアップロードできないんですね。
マイクロソフトさんはなんでこういう仕様にしたんですかねぇ・・・
不思議です。

仕方ないので、Chromeで再度同じ画面を開いてアップロードを行います。

これで、仮想マシン作成の準備が整いました。

あとはお好きなOSを作成するだけの状態になっていると思います。

今のところ、Windows系のOSしかアップロードしてないので、Linux系のディストリビューションを幾つかダウンロードしてこようかと思っています。

無難なところで、CentOSとubuntuとdebine系かなとは思ってます。

あとは、デスクトップの触り加減でLinux系は常用するデスクトップ環境が変わりそうですので、
KDEとかGNOMEとかも触ってみたいところではあります。

好みがありそうなので、そこら辺がどうなるかですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました