家庭内LAN環境におけるネットワーク機器の選び方

自作PC
ネットワークの進化がすごいですよね
自作PCの話題が最近出ていない

ここ最近、仮想環境構築の話題で全く、自作PCとか自作サーバーの話題をしていない事に気づき、ちょっと方向性が迷走してるなと思った次第です。

毎日、構築日記みたいなの書いてもしゃぁないなぁとも思ったので、方向性がちょっとおかしくなってないかなと考えていた次第です。

もうちょい、仮想化構築も纏められて書ければまた別なのでしょうけど、ちょっと進行状況だけというのも本末転倒っぽいなとも思ったので、構築日記はちょっとお休みします。

自分の中でも昨日はちょっとお休みして、何してるのかぁと考える事になったので、ありがたいですね。

今、録画サーバーはずうっとスタンバイ状態なので、多分これはWindowsアップデートかかって再起動したので、EDCBSvが起動してない所為だとは思っているのですが、これを機会にちゃんと環境を整えようかなとも考えて、ネットワーク周りとかのパーツを調べたりしてる次第です。

意外と、ネットワーク周りのチップとかもあんまり出てこなくて、ヤフオクとかでもなんだこれというのもあったりして、分からないものです。

ヤフオクで結局ネットワークカードを落札はしたのですが、荷物が届くのは来週の土曜日とかになりそうです。

新品も調べたのですが、ちょっと欲しいものは新品だと高かったので、中古ですね。

というわけで、ネットワークカードのお勧めとか、ネットワークカード周りについての話をしてみたいと思います。

時代は10GBカード

今は個人で買えるのは10GBカードが出てきたのに驚きですね

個人というか、プロパイダというか、無線で2GBの下りを出してるんですね。
で、上りが1GBなんですね。

これに対応するなら、確かにマザーボード側で自作PC用ではまだ、10GBのネットワークチップ搭載してるのはあまりないみたいですね。

2.5GBに対応してるのもあるみたいですけど、全部は調べきれてないですけど、割とAsrockさんのボードがそういうの多いんですね。

この、「ASRock Fatal1ty X299 Professional Gaming i9」は10GBのLANポートを持っていますが、結構いい値段しますからね。
大体5万円~くらいしますからね。
ラグるゲームとかそういう遅延が気になるプロゲーマー御用達なのだとは思いますが、流石にそこまでの遅延を気にしたことはあんまりないですね。
ネットワークの遅延はプロには死活問題でしょうけど

後付けカードの役割

実際はカードとスロットでの遅延があるので

実際は、ネットワークカードとPCI-Expressの間のやり取りとかで、マザーボード直付けよりは遅延するのでしょうけど、測定しないと分からないレベルだとは思います。

体感で違うのでしょうかねぇ・・・

ただ、自宅環境ではスイッチングハブが1台1GBじゃないのがいて、転送に足を引っ張られているので、これは交換する予定です。

但し、自宅の環境でインターネット回線が100MBまでしかでないので宅内環境で1GBで揃えても、結局外側の回線に足を引っ張られるということにはなりますが・・・

工事するしかないらしいのですが、流石に宅内工事するとかはちょっと考えちゃいますね。
宅内工事しても、1GBであんまり速度差変わらなかったらとか考えると、先にPCを最新に変えて、それで回線速度が耐えられなくなったら宅内工事でもいいのかなぁという気はしています。

こういう、10GBのネットワークカードが1万円前後で買えるってのは時代を感じますね。

10MBのネットワークカードとかが1万円どころか2万円とかした時代を知っていると。

それに、Windows事態にネットワークを想定してなかったので、NovellのNetwareとかをインストールしないと使えなかった思い出もありますからね。

こういうことを言ってると、色々古い事を思い出してしまいますね。
ここまで、家庭内でネットワークが普及するとはちょっと予想はしてませんでしたね。

ただ、ここまで行くとセキュリティの話題も普通になってきて、ウィルス対策ソフトとか普通にインストール時代ですから、時代は変わったなぁと実感します。

<a rel=

HUBとかの普及も後押しのひとつ

今は特に高性能なものを求めなければ、3千円くらいで1GBの8ポートのハブが買えますからね。

特に高性能なものとか、専門的なモノではなければ売ってるのが凄いですよ。
10MBの頃はHUB買う人なんて、何してる人?ぐらいの勢いでしたからね。

バッファロー LSW5-GT-8NS/BK [Giga対応 スイッチングHub 8ポート 金属筐体/電源内蔵モデル ブラック]

まさか、普通に8ポートのHUBが3千円台で買えるとは思ってもみなかったですね。

まぁ、こういう業務用が新品と中古で出回る時代ですからねぇ・・・

実際、新品で買う人っているのかどうかとは思いますが。
こういうラックマウントされる奴はデータセンターで業者が納入するやつだと思うので、普通はそうそう新品は買わないとは思いますが、何故かAmazonさんとかで売ってたりするのがナゾい(苦笑)

宅内環境整備の一環

こういう機器とかOSが整備されて行って今の環境があるわけですけど、宅内環境整備の一環で調べたので、お勧めルーターとか纏めたいところではあるんですよね。

ただ、ルーターは意外と多くてやりたいことを絞らないといけないのが難しいですよね。
業務用的なのも、購入を視野に入れる値段にはなっているので、そこら辺の見極めも含め纏めていきたいところですね。

選択としては、無難なものを

結論て程でもないですが、最新機器って意外とファームウェアアップデートが頻繁だったりするので、発売時期とファームウェアの枯れ具合で判断して、無難な機器を選ぶのが一番ではあると思います

あんまり古すぎてもいけないのですが、割とベストセラーって呼ばれている商品はみんなが使っているのでネットでも情報が溢れて調べやすいっていうのもありますから。

そういう意味でも、古すぎず、新しすぎずっていうのがよいのかなぁと思います。
「Aterm PA-WG2600HP3」とかは、そういう意味では安心できるのかなとは思いますが。

無線LANルーターとしてはド定番ですが、それだけ情報もあるだろうし安心感はあると思います。

自分ひとりで調べるにも限界はあるので、それを考えると集合知となるネットから情報持ってこられるのは大きいと思います。

自分は結構人が選ばないモノを選ぶ傾向があるので、そういう意味では安定感って大事だなぁと思う今日この頃です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました