仮想基盤環境での課題

OS・仮想環境
色々課題も見えてきた

実際、今自宅に仮想環境つくって、Windows Serverを動かそうとしているわけですが、自分の思う通りにはなかなか進みません。

予測してないことが多いのは経験があんまりないせいだとは思うのですが、色々足りてないと思わされます。

完全に日記状態になるのを避けるため、ある程度成果がでてからとも思ったのですが、物理マシンはつくれても、仮想マシンを上手にというか、運用上どうしようというのが凄い悩みながらやっていると、先に全く進まないことに気づいたので、取り敢えずやりながら考えようかなと、構想途中ですが仮想マシン群を構築しています。

構築日記となりそう

自分的には、色々情報発信とか思っていたわけですが、どうやらそういうわけにもいかなさそうです。

まず、評価版のWindows Server2016が古いのか、2018年5月のパッチがあったてないことに気づくのがめちゃくちゃ遅れました(苦笑)

何故かリモート接続できないとか、ナゾすぎでした。

あとは、自分でも予想以上に仮想環境って割と快適とかおもっていたんですが、マシンスペック結構いるのがわかったのが収穫ですかね。

CPUがE5645って非力なのか、意外と遅い。HDDも5400回転なのでそれの所為もあるかもなのですが、思ったより、サクサク仮想マシンを構築できてない(苦笑)

ある程度作りこみ終われば、安定するのかなぁとはおもってはいるのですが、そこに至るまでは先は長そう・・・

仮想環境構築って結構時間かかる

ネットで情報調べてると、みなさんわりとサクっと作成されてるので、結構時間かからないとか思っていたのですが、流石に2012年モノだと時間かかるのねって感じですね。

あとは、自分の読みの甘さも痛感しているところです。

それなりにCPUパワーとかメモリとか必要なのが分かって、今の環境は結構非力だなぁと痛感しています。

CPUは載せ替えるかもしれないですが、メモリ増強は急務かなぁと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました