40代からのLinux入門

IT・プログラム
本格運用しだしたのは最近なので

Linuxを本格的に運用し始めたのは最近なので、昔と大分違うなという印象はありますが、結局サーバーとして運用するには、コンシール運用は必用なので、コマンドなんかを覚えていく必要はありますね。

ただ、CentOSとかバージョン6と7でコマンド体系が変わったみたいなので、ネットで調べても、6と7の入り混じった情報で混乱することもあります。

ただ、仮想環境でNATとかルーティングさせるにはLinuxが一番手っ取り早いっぽいので、検証環境用のネットワークを構築するのはLinuxをNATさせるて中には何台か仮想マシンを格納するのがよさそうですね。

GUIでの操作も最近はできるので、そこら辺も加味してLinuxサーバの構築をしているところです。

検証環境でやること

検証環境では取り敢えずWEBサーバとメールサーバの構築を目指すと思います。

取り敢えず、ApacheとTomcatの内容を理解して運用できるようになってから、DMZとかでの本格運用になるかとも思いますが、いまいちLinuxの構築のキモとなる部分がわかりきっていないので、そこが課題ですかね。

CentOSを最小環境でインストールするところまではいったので、ルーティングさせる環境を整えるのが先決かなぁとは思っています。

今のところ、物理的にセグメント分けはしてないので、せっかくL3スイッチがあるので、物理的にセグメント分けしてルーティングさせていきたいとは思っていますが。

ある程度環境整ってはきているのですが、時間とやる気が先行してないので、そこが課題ですね。

あとは、ApacheとTomcatいれたらjava環境ができるので、プログラミングもやってみたいとは思っています。

WEBアプリとかちょっとやってみたいとは思っています。

プログラミングでは、javaかPHP?

自前の環境あるとやる気も大分違うとは思うので、そこら辺の環境整備ですね。

あとはNEXTcloudの構築ですね。
プライベートクラウドの構築も手を付けていきたいところ。

そうすると、おのずと方向も定まるかなとは思っています。

本当はもう少し進めたいところですが、最近現場への通勤時間が増えてきてどうにもこうにもなので、そこは時間のやり繰りをもう少し上手くやりたいところですね。


プログラミング自体は若い頃何度か挑戦して失敗してるので、目標とかやりたいことがないと達成しないのは分かり切っているので、当面は録画サーバーで録画したものを自動でエンコードできるように仕込むのが目標かなぁと思っています。

今は、手作業でやっていることをある程度自動化できると時間の短縮になるのかなぁと考えているところですね。

こういう積み重ねをしていかないと勉強もしないのがやっかいな所ですね。

実際簡単なマクロというか、シェルとか組めるとまた違うのかなぁとは思う場面もあるので、そこは日々精進ですかね。

実際の仕事でも、シェルが組めた方がいいなぁと思う場面もあるので、インフラばっかりに寄らないで、プログラムとかも扱えるのがいいのかなぁと・・・

挫折ばっかりしてるのでこればっかりはなんともですが、なんとか環境も整えたので、なんとかしていきたいところでは、あるにはあるのですが。


あとは、このブログも過去記事の手も入れたかったりするのもあるのでこれも手を付けていければなぁとは思います。

多分、この記事も後から読むと手をいれたくなるんだろうなぁとは思いますが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました