Linux入門その2-2019年編

Linux
今回はESXiへのISOのアップロードと仮想マシンの作成です
その2ということで、アップロードまで

その1に続いて、その2ということでESXiへISOをアップロードしてから、仮想マシンとしてCentOSの作成までの作業となります。

基本的に、仮想サーバーを建てているので、その仮想サーバー内のルーターとして使うというのが主目的となります。

まずはルーターとしての機能を導入してそれからおいおい、拡張していくかそれとも別のLinuxを検証環境用として中でのゲートウェイとして使用するかの選択にはなるとは思いますが、これでKVMなんかの仮想化はしない予定です。

仮想化のESXiに仮想化を乗っけるというのもありではあるんですが、リソースの問題と管理の手間を考えるとあんまり仮想化してもどうかなというのはあります。

インストール自体は何度もやっていることなので、手慣れてはきましたがインストールだけは手慣れるというのもどうかなぁという思いもありますが・・・

検証環境構築の一環で、自分のスキルアップも兼ねてとなります。
実際構築から検証までの流れを備忘録的に残しておかないと忘れるというのもありますが、自分でやった作業で嵌ったことの備忘録としても活用できればなぁと思います。

仮想基盤へのOSアップロード

基本的には、もう仮想基盤サーバが構築されていることを前提にしています。

仮想基盤サーバ構築といっても、ESXi無償版を使用して構築しているだけなので、そんなに難しい事はしていません。

ただ、マシンスペックはそんなにありませんが、HDDとメモリは増強しています。

まずは、仮想サーバにWEBでログインします。

作成してある【データストア】を選びます。

赤枠で囲っているいるところですね

赤枠で囲っている【ストレージ】を選択すると、自分で作成している【データストア】が選択できる画面になります。

【データストアブラウザ】を選択して、【データストアブラウザ画面】を開きます。

その1でダウンロードしたISOをアップロードするのに赤枠で囲っている【アップロード】をクリックし、
ダウンロードしたファイルを選択して、【格納したいフォルダ】を選択します。

色々消してますが、基本はこの画面でアップロードしたいISOを格納する流れです。

格納したら、左ペインの【仮想マシン】を選択して、【仮想マシンの作成/登録】をクリックします。

滅茶滅茶消してますが、一応個人の環境なのでご勘弁を。

そうすると、作成画面がポップアップしてきます。

【新規仮想マシンの作成】となりますので、そのまま【次へ】をクリックします。

名前はまぁ、自分がわかる名前をつければいいと思います。

ゲストOSファミリは【Linux】を選択して、
ゲストOSのバージョンは今回は【CentOS 7(64ビット)】を選択します。

選択したら【次へ】をクリックします。

【ストレージの選択】画面になりますので、データストレージを選択し、
【次へ】をクリックします。

先ほどアップロードした、ISOファイルを選択すると、【選択】がクリックできるようになりますので、
【選択】をクリックします。

【設定のカスタマイズ】画面になりますので、環境にあったCPU・メモリ・HDDを選択して、
【次へ】をクリックします。

今回は、ルーターとしての役目しか期待していないので、それほど容量とメモリは積みませんでした。
仮想CPUは2、メモリは約2GB、HDDは120GBとしています。

HDDもそれほどいらないとは思いますが、あまりカツカツにしてもなぁというのもありまして、
120GBほど取っています。

本当にルーターだけに限定するなら、50GBとかでも十分だとは思います。それに、仮想環境なので、後から増量も出来ますが、ESXiだけの環境だと一旦仮想マシンをシャットダウンしないと設定変更は出来ないので、それも考えると、後から増量するのも面倒かなぁとも思って割と多めに取っています。

【設定の確認】画面になりますので、問題なければ【完了】をクリックします。

作成した仮想マシンが左ペインの【仮想マシン】を選択すると作成した新規の仮想マシンが右ペインに表示されていることがわかります。

赤枠で囲っているのが今回作成した、新規の仮想マシンとなります。

流石に、今回はここまでとさせて頂きます。

ちからつきました。次回その3でインストールまでの作業を書いていきたいと思います。

コメント

  1. […] 自分のブログですが、前回のその2となります。 […]

タイトルとURLをコピーしました