HYPER-Vにubuntuを構築

Linux
ちょっと心が折れました(苦笑)
VPNサーバーとHYPER-Vサーバーを兼用に

VPNサーバーとして使っているサーバーは割とスペック過剰気味ですが、仮想基盤として使うにはチカラ不足なんですが、1台か2台なら仮想マシンを導入できなくもないということで、HYPER-Vを使ってubuntuの導入に踏み切りました。

まだCentOSも満足に使用できてない状態ですが、取り敢えずデスクトップ環境とかはubuntuの方が充実していそうなので、ubuntuのインストール試験がてらやっています。

ただ、Linux系統はredhat系列しか触ったことがないので、ubntu系統というかDebian系統は全く触っていないので、難儀するとは思いますが、ESXiと違ってグラフィックボードが刺さっているマシンなので、動作はそんなに重くないといいなぁというのが、希望ですね。

Linux関係はCLIでの操作は多いですが、Xwindow周りはいにしえのSlacwareまで遡らないと触っていないので、今の様変わりしたGUI系統についていけるかと、GNOMEをつかえるかなぁという不安はありますね。

HYPER-Vにubutunを導入

取り敢えず、今日はインストールまでしたら、終わりかなとは思っています。

多少画面も取得したので、掲載しますが割と尻切れトンボなので、再度取り直そうかなとも考えています。

もうHYPER-Vが導入されている環境が前提になっているので、HYPER-Vの導入なんかも書ければいいのですが、いきなり仮想マシンの作成ウィザード画面からスタートになっています。

【仮想マシンの新規作成ウィザード】は割と簡単に仮想マシンの作成が出来るので中々いいですね。
ESXiも簡単ですけど。

「次へ」をクリックすると、新規の仮想マシンの作成となります。

【名前と場所の指定】画面に遷移します。

デフォルトでは「Cドライブ」に仮想マシンの作成してしまうので、システムドライブとして使用しているので、ドライブはデータドライブを指定するようにしています。

ドライブの変更をしたら、「次へ」をクリックします。

【世代の指定】画面になります。

基本的には第1世代を選択しています。
第2世代の良さがいまいちわかっていないので、第2世代の方がいまだと64ビットOSが多くなったのであればそっちの方がいい気もしています。

【第1世代】を選択して「次へ」をクリックします。

【メモリの割り当て】画面になりますので、基本は8GBくらいですかね。
適宜、適当な容量のメモリを割り当てればいいと思います。

メモリを割り当てたら「次へ」をクリックします。

【ネットワークの構成】画面ですが、特に設定しなくても後から再設定できるので、どちらでも問題ないかと思います。

「次へ」をクリックして【仮想ハードディスクの接続】を選択してもいいですし、ここでネットワークの設定をしてもいいと思います。

【仮想ハードディスクの接続】でサイズを指定します。
HYPER-Vでの構築が久しぶりすぎて、HDDのサイズの指定をデフォルトのままにしているので、ディスクを追加するか、それとも再作成するかなぁと今画面の証跡を見ておもいました。

仮想マシンはそこが柔軟にできるのでいいんですが、仮想マシンを格納しているドライブの容量を変更するかもしれないので、ここはまだ決定ではないですね。

RAIDを組んでいるドライブに格納よていではあるのですが、RAIDを組んでいるHDDを増量するかもしれないので、マシンの再構築というか、ハード環境が変更になる可能性もあるので、ちょっと保留ですね。

HDDのサイズを指定したら、「次へ」をクリックします。

【インストールオプション】画面で「ブートCD/DVD」を最初から仕込むこともできますし、後から設定することもできるので、お好みですね。

今回は「後から~」を選択していますが、特に必要なければ最初からISOを準備しているなら、それで起動することもできます。

「次へ」をクリックします。

【仮想マシンの新規作成ウィザードの完了】画面になりますので、これで「完了」をクリックすると、仮想マシンの完成です。

特に難しいことはないので、自分のマシンパワーと相談で構築するといいと思います。

私的にはこれで、第一段階が終了というところですね。

ただ、インストールしてみたらubuntuで日本語入力できないのがわかったので、「FEP」の設定が悪いのかなぁと思っているところですね。

インストール画面は取っていないので、ディスクサイズを変更してまた再作成かなぁと思っています。


Windows ServerからHYPER-Vをインストールする手順とかも記載できればいいのかなぁとも考えていますが、割と探せば出てくるしなぁというのもあって、ちょっと考えているところです。

あとは、SoftEtherでのルーティング設定もしたいというのもありますし。
ただどっちも詰まるところはあんまりないとは思います。

どちらかというと、ネットワーク構成図作成したりする方が時間かかるかなぁとは思っています。
あとはL2スイッチコマンドとかも調べたいとかもあります。

調べものとか構築してると結構簡単に時間がたってしまうので、そこをブログ素材に生かせるようにしたいなぁとは思っています。

せっかくある程度の環境が整ったので、ネットで調べたことを共有できるといいかなとか思っています。

仮想環境周りについて

ESXiについては、専用というかそれなりのスペックのマシンは容易したのですが、HYPER-VはVPNサーバーと兼用となっているので、機会があれば専用のマシンを用意できればとも考えていますが、物理サーバーをこれ以上増やすことにも躊躇うので、ある程度の割り切りは必要かなぁと思っています。

Linux環境も少ないのとredhat系統のディストリビューションが多いので、他のディストリビューションの構築も今回のように試せればと思っています。

ただ、マシン資源も無限ではないので、ある程度優先順位をつけながらかなぁとは思っています。

Linux関係はCLIが主ですがGUIでも動かしたいので、RDPかVNCが動く環境も準備したいなぁとは思っています。

いまいち、ubuntuの作法がわからずちょっと右往左往していますが、xrdpとかの導入まで進めばいいかなぁとは思っています。

そこまでいくのと、メールサーバーとかの構築が今後の目標ですかね。


あとは、Linux系のDesktop周りは全然触っていないので、GNOMEとKDEくらいはある程度触れるようにしたいなとは思います。

CLIとGUIでもあんまり変わらないですが、コマンドとターミナルは必須技能なので、そこら辺は触って覚えるしかないかなぁとも考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました