ubuntuのインストール

サーバー関連
仮想マシン1号機でubuntuのインストール

前にも挑戦した仮想マシン1号機でのubuntuのインストールを行っています。

仮想マシン1号機だとどうにも反応が悪くて一旦断念したubuntuのインストールですが、取り敢えず挑戦しているところです。

ただ、お手軽にRDP接続できないので、そこはちょっと調べないといけないのかなぁと思うところです。
あとは、お手軽なデスクトップ環境としては使ったことがないので、ESXiのリモートコンソールだと反応がいまいちで断念したという経緯もあります。

RDP接続でお手軽に接続できるようになると割と気楽にできるのですが、そうでもない場合はどうしようかなぁというところですね。

実際仮想サーバー上でデスクトップマシン代わりにubuntuとか使う人がいるのかどうかも不明ではありますが(苦笑)

自分としては、触ったことのないOSを触るいい機会なのですが、反応が遅いとイライラするので、それが解消されない場合はどうしようかなぁと思案中ですね。

新しく仮想マシン1号機を組みなおすのもありかなぁとも思えてきてはいるのですが、そうすると今仮想サーバー1号機に乗っている仮想マシンの引っ越しを考えないといけないので、割と構成が少ないうちに引っ越すのもありかなぁとは思っています。

これで色々やるならやはりちょっとメモリが足りないのかなぁというのもあり、ちょっと考えどころなんですよね。

ubuntuのインストール

実際は取り敢えずインストールという感じですので、ubuntuを使ってなにかするという訳ではないのですが、何をするにしてもESXiのリモートコンソールの反応の鈍さが改善されないと、一旦はRDPで接続する選択肢かなぁとは思っています。

実際CentOSはTera Termで接続してCLIで操作していることも多いのですが、できればCentOSもデスクトップ環境で使用してみたいところもありますし。

幾つかLinuxをデスクトップ環境で使用しようとしたこともあるのですが、中々なじめずに挫折した経験も多いのでそこが今後の課題ですかね。

色々試してはいるのですが、なかなかこれといったのに出会わないのと、必要に駆られてないってのもあるので、そこは改善の余地があるのかなとは思います。

録画サーバーを更改するなら今度はLinuxかなぁとは思っているのですが、なかなか踏み出せずにいるというのもあって難しいですね。

やはり物理で1台Linux用に組んだ方がやる気にはなるのかなぁとは思います。
そうなると、特に新品で組まなくてもとなるので、中古かヤフオクを狙うのがいいのかなぁとも思いますが、基本的にはそうなると、物理マシンばかりが増える事態になるので、そこはどうしようかなぁとも悩みどころではあるのですが。

古すぎるジャンクパーツは大分断捨離したので、ブツがもうないというのもありますがそれでもある程度動かせるマシンを幾つか残しておきたいとは思う次第ですが。
置き場所がないのが困りものなんですよね。

まぁ、ファイルサーバーとして用意したRyzenでWindowsServerが動かなかったら、Linuxの導入でもいいかなぁとは思っているところですね。

キーボード

ここら辺は今週末にでもインストールする予定ですが、それに伴うHDDの選定も進めているところですね。
実際今の仮想サーバーの更改とか今年の5月に組んだばかりですが、思いのほか色々インストールしたせいでメモリが足りないというのもあって、新しくメモリを増量できるマザボに交換かなぁとは思っています。

そうなるとLGA1156では役不足となるので、DDR3のECCを使えるのがいいのかなぁとか考えてるところではあるのですが、それでもMAX128GBなのでそれもなぁと、躊躇するところではあるのですが。

増やせるなら増やしたいのは山々なのですが、ECCのDDR4メモリを256GB買う勇気はちょっとないのが本音なんですよね。

中古でヤフオクで32GBで出始めてるのもありますが、それを考えても費用対効果と新品で動かすのとどっちがいいのか迷うところではあるんですよね。
実際今の環境を移行するとなると面倒なので、そのままESXiは再インストールすることにはなるとは思いますが、それ以外の構成は取り敢えず変更はしないとは思うのですが、今の仮想サーバー1号機のRAIDもRAID1なので、そこも改善したいところなんで、一回仮想サーバー2号機に移してから1号機に移行かなぁとも思っているのですが、そうなると余ったマザボとかをどうするかなぁというのもありますが・・・

ECCのDDR3メモリなんて使いどころはあんまりないので、結局メインマシンにするという選択もありかなぁとか思うのですがそれはそれでどうかなぁとも思うところではあります。


何を重視するかで今後の家庭内LANの構成も変わってきそうなので、こればっかりは軽々にはきめられないんですが、自分としては仮想サーバー1号機は習作の位置づけなので、それも踏まえて3号機というか1号機改はよく検討して構成を練りたいところですね。

仮想サーバー2号機とほぼほぼ構成は一緒なので、それも踏まえて移行とかを考えるところかなぁとは思っています。

ある程度は世代を進めながら一足飛びに今の世代にいってもメモリとかCPUコア数とかが今よりも減っては本末転倒なので、それは避けたいというのが本音ですね。

そこら辺を踏まえてある程度移行も視野にいれながらになるのかなぁとは思います。
今年の5月のGWを使って組んだマシンですが、ここで不満がでてくるのはちょっと予想外でしたね。

それだけ色々充実してきたということではあるとは思いますが、それでもちょっと予想より早い感じですね。
もうちょっと我慢できるかなぁとも思ったのですがそうでもなかったですね。

仮想サーバーの相場観というかある程度分かってきたところもあるので、それも踏まえてヤフオクやらAmazonnさんやらネットショップを眺めながら、次期仮想サーバーの構想も練りたいところですね。

ここら辺で構想練りつつある程度モノになれば自分としては色々勉強にもなるのでいいことも多いのですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました