iSCSIの設定とか

Windows
新マシンのパーツ構成が決まりました。
ファイルサーバーからiSCSIの設定

ファイルサーバー1号機から、仮想基盤サーバーにiSCSIドライブを設定してみました。
意外とiSCSIも遅くない感じがします。
ファイルサーバーというか、ストレージ用としてiSCSIはありかなぁとは思いますね。
意外と悪くないかもとは思いますが、そうすると直接接続しているほうが遅いのかなぁとも考えてしまいますが、どうなんでしょうかねぇ。

あとはサーバー群としてWindows Serverを色々導入していますが、ライセンスとかを考えるとそんなにたくさん入れられないのかなぁとも考えます。
Visual studioのサブスクリプションである程度Windows Serverのライセンス使えるようにはなっていますが、それでもMAXで15台くらいなんですよね。
入れたり消したりという用途には評価版が妥当なところだとは思うのですが、色々試してから本格導入とかすると、再構築が面倒というのもありますね。
自分としては、何度も入れたり消したりとかするので、評価版でも問題ないのですがある程度固まったたら、評価版ではなくきちんとしたリテール版のライセンスの導入も視野には入れているのですが、流石に昔みたいに無制限にライセンスの発行とかしてないみたいですからねぇ・・・

まぁそれでもある程度この値段でServerのライセンスが手に入るのは破格ではあるのですがねぇ。
自分でも贅沢だなぁとは思ってはいるところではあるんですがねぇ。
あとはどれくらい評価版で試すことがあるかを見極める感じですかねぇ。
本当は色々やりたいので、評価版以外にも使ってみたいとは思うので、色々試したいてゃ思うのですが、なかなか手を出すのも難しいモノもあるので、難しいですね。

ファイルサーバー2号機と3号機に関してはそろそろ組み上げたいところではありますし、あとは1号機の場所もちょっと移動したいということもあって流石に今日はできないかなぁという感じですね。
まぁある程度目星はついたので、そこそこうまいこといくかなぁとは思っているところです。

ついでに、メインマシンの更新もしてしまおうかなぁとは思っていますが、上手くいかなかったら今のマシンを取り敢えず使う感じですかね。
あとはメールデータの移行だけでもしたいかなぁとは思っていますが。それでも結構な量あるなぁって感じですね。

環境構築とか

取り敢えずは、今までの蓄積の環境構築をメインに据えてはいきたいところではあるのですが、それなりにスペックのあるマシンで構築していきたいという気持ちも有って、なかなか目ぼしいアイテムに巡り合えないところもあり、サーバーの増強はこれで一旦取り敢えず落ち着くのかなぁとも思っています。

後はこれを安定稼働して行けるようにしたいところではありますね。
WEBサーバーとメールサーバーについては、これ程スペックはいらないかなぁとは思うので、DMZとしての役割を与える様にして、構築していく感じになろうかとは思っています。
WEBとメールサーバーはCentOSかなぁとは思ってはいますが、そこもどうなるかなぁとは思っています。
あとは、ネットワーク周りとしてFirewallの準備ですかねぇ。
これも全然わからないので、どうやって調達するのかと調達してからの設定が悩みそうですけどね。

自分としてはそこまでする必要があるのかなぁとは思いますが、まぁ固定IPも取得したいし、そこは必要経費かなぁとは思うところではありますが。
ただ、WEBサーバーはこのブログはレンタルサーバーなので、ブログで必要なのかなぁとも思いますが、そこは何をやるかにかかってくるのかなぁとは思っていますね。

ある程度の展望はあるのですが、そこまでカッチリ何をやるかまでは決めてないので、WEBサーバーは当分先送りの気配は強いですが。
ただ、そこまで先送りもしないつもりではいますが、それでもどう転ぶかは不明ですね。

ラックサーバーは意外に使い勝手が良くて、もうちょっと苦労するかとも思ったのですが、そうでもなかったですね。

意外な発見としては、ラックサーバーはそんなに苦労することもなく、セットアップできたことですね。
自分的にはもうちょっと苦労するかなぁとも思ったのですが、そうでもなくさらっとインストールとかできた印象ですね。
確かに場所は取るので、ちょっと普通に軽く導入とはいかないかなぁとも思いますが、導入してしまえば意外と便利ですね。
ただし、これの使い終わった行く末を考えるとどうしたものかとは思いますが、それはその時に処分ですかねぇ・・・
ラックサーバーが手頃に導入できるのはよいんでしょうけど、流石に処分をどうしようかとは悩むところですね。


あとは、これでシンクラ的に遠隔で操作できるクライアントもできたことですので、ある程度メインマシンのデータも移していきたいところ。
そうすると、どちらでも作業できるということができるので、外でもある程度の作業ができるということになると、OSのインストールとか設定変更とかも外でできるのが強みになる予定。
自分の作業が外でもできると捗るとは思えるので、それなりに作業できるようにしたいところ。
あとは、Linuxも作業できるようにTera Termも導入したいところですね。

ApacheとかTomcatとかも取り敢えず導入だけできるだけなので、そこからWEBとかJAVAScriptのインストールとかもできるようにしたいところ。
今のところは環境構築していくところですが、サーバー周りの環境がひと段落ついたらそちらについても手を出していきたいところではありますが、なかなかそこまで手が回らないというのが実情ですね。

仮想環境についてはSCVMMは欲しいのですが・・・

実際Windows Serverで仮想環境組むならSCVMMも導入するのがいいのかなぁとも思うのですが、評価版しかなさげなので、長期間使うには購入しないといけないですが、個人で買うようなモノでもなさそうなんですよね。
なんかちょこと調べると個人で使っている方もいそうですが、あんまりいなさそうなんですよね。
実際そこまで必要かと問われると、そうでもないかなぁとも思うのですが、仮想マシンの台数が増えてくると必要になりそう器もしますが、180日間しか使えないのであれば、導入するのはちょっと躊躇われます。

やはり、ここら辺の管理ツールについては結構高いので、購入という選択肢はなかなかとりにくいものではありますね。
VisualSutdioのEnterprise版だとサブスプリクションがついてくるのですね。
流石に、そこまでは考えなかったですね・・・
Proでもかなりハードル高かったので、流石にEnterprise版を選択肢には入れなかったですが、ある程度サーバー台数とか環境を整えると必要になってくるのかなぁと最近は思っていますが、個人でEnterprise版を導入している人っているんでしょうかねぇ・・・

まぁ、それでもある程度環境としてやれるなら、そっちのがいいのでしょうが、自分としては流石にそこまではまだ必要性を感じていなかったので、Proを購入したのですが色々やっていると実はEnterprise版が必要だったのかなぁとちょっと後悔する感じにはなっています。
まぁ、そういってもどうしようもありませんが、次の機会はEnterprise版にするか悩みどころではあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました