Windows Server2012R2にExchange2016の検証

OS・ソフトウェア
今回はちょっとしたTipsとか
ADのスキーマ拡張で検証中です

いくつか方法はあったのですが、直接Windows Server2012R2にスキーマ拡張するには、.NETのバージョンが合わないことが分かって、Windows10でドメインに参加してからのということが分かりました。

検証でそこら辺を詳しく検証してたら、ちょっとブログの間が開いてしまいました。
本当はWindows Server2016でやるのが無難なんですが、そうもいってられないこともあり、まぁ仕方ないですね。
自分的には幾つか色々試せたので、それはそれでいいのですが、スキーマ拡張するだけで、こういう苦労するんだなぁとは思いましたが(苦笑)
特に、Exchangeを導入している訳でもないので、ちょっとした検証のつもりではあったのですが、それでもまぁいい経験にはなりました。

ということで、Windows10からスキーマ拡張するには、Windows用のリモートサーバー管理ツール(RSAT) を導入してからExchangeのスキーマ拡張コマンドをたたいてやるという手順になります。


下記のMicrsoftのページからRSATをダウンロードしてきます。

Download Windows 10 用のリモート サーバー管理ツール from Official Microsoft Download Center
Windows 10 用のリモート サーバー管理ツールを使用&#12...

ダウンロードボタンを押すと下の画面が表示されるので、一番下にチェックを入れてダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、インストールしたいWindows10端末にmsuファイルをコピーします。
コピーしたmsuファイルをダブルクリックすると、自動でインストールが始まりますので、更新するを選択して、インストールの終了を待ちます。

インストールが完了すると、Windows管理ツールに下のようにActiveDirectoryの操作ツールがインストールされています。

これで、ExchangeのISOからスキーマ拡張できる状態になっていますので、
あとは、ISOをマウントして

E:\Setup.exe /IAcceptExchangeServerLicenseTerms /PrepareSchema

コマンドプロンプトにて、ISOのドライブ名からスキーマ拡張コマンドを投入するだけです。

このコマンドを投入するには、Windows10の端末がドメインに参加していることが条件ですが、
これで、WindowsServerからでなくてもExchange用にスキーマ拡張することができます。

今回はちょっと端折ってしまったので、次回はもう少しやり方とかを詳しく記載したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました